土生瑞穂(欅坂46)、長身がコンプレックスだった

001

 

今を駆け抜けるアイドルの生い立ちと本音に迫ったパーソナルロングインタビュー集『IDOL AND READ』の13号目が、12月20日に発売される。この号の表紙巻頭を飾るのは、2016年に「サイレントマジョリティー」で衝撃のデビューを飾って以来、攻撃的な曲を世に放ち続けながら今年も2年連続で紅白歌合戦に出場する異端のアイドルグループ、欅坂46の土生瑞穂だ。

 

171cmの長身で知られる彼女だが、ずっとそれがコンプレックスだったと、今回の2万字生い立ちインタビューで告白している。しかし、二十歳になったのを機に髪をばっさり切り、どちらかと言うと引っ込み思案だったそれまでの自分をリセットしたという彼女は、最新シングル「風に吹かれても」ではついにフロントメンバーに躍り出た。そんな彼女のノンフィクションの成長物語、そして情熱的な赤い服と清楚な白い服という2スタイルで臨んだグラビアも注目度が高い。

 

 

記事全文と写真はこちら

 

引用元:BARKS

 

『IDOL AND READ』#13は土生瑞穂・柿崎芽実W表紙で12/20発売

003 004