振付師TAKAHIROが明かす欅坂46の“ガチ”クリエイション

 世界約30ヶ国300公演以上、6度のワールドツアーを成功させ、アンジェリーナ・ジョリー監督映画では俳優としてハリウッドデビューするなど、多岐にわたる活動をしているMIYAVI。米・アポロシアターが主催のコンテスト番組『SHOW TIME AT THE APOLLO』で歴代最多の9大会連続優勝記録を持ち、欅坂46のコリオグラファーとしても注目されるTAKAHIRO。海外経験を通して自身に与えた影響など、2人に語り合ってもらった。

 

記事全文はこちら

 

引用元:オリコンスタイル

 

 

 

Twitterの反応

MIYAVIとTAKAHIRO先生とか俺得すぎる!!!!!

 

米谷川たいち@1.8欅坂個握 2017/12/29 22:24:53フォロー
神スラップ奏法のMIYAVIさんと神ダンサーのTAKAHIRO先生の夢のコラボ 

 

そら@渡邉理佐ちゃん推し 2017/12/30 01:12:24フォロー
MIYAVIさんとTAKAHIRO先生の対談とか最高

 

ひざこぞう 2018/1/3 11:13:41フォロー
>欅坂46に関して言えば、クリエイションが“ガチ”ですね。「どうかわいく見せるか?」よりもまず、「どれだけ楽曲の世界観を伝えられるか」を重視しているグループです。私自身も彼女たちのそのスタンスに感銘を受けています。
 
ガチだねぇ

 

>オーディエンスを意識することも必要ですが、それによって伝えたいこと、表現したいことをブラさずに芯を持つことも大切だと思います。自分自身や制作チームが信じたものを高め切ったときに初めて、作品が想像の域を少し超えて、たくさんの人に「すごい!」と感じてもらえると思うので。
 
同意…

 

さび⊿正月には餅しかない。 2018/1/3 12:53:52フォロー
そう彼女たちはガチなだけなんだ。
だからそれが、運営に無理させられてるみたいに誤解されてしまって、普段はなんの興味もないようなひとたちが、まるで彼女たちの味方みたいな顔して批判してるのを見ると、まさにそれこそが欅坂の歌ってきた「叛逆」の矛先にあるものなのかなって思える。