ストライプ社長が欅坂46のCMを重視するワケ

人気婦人服ブランドを国内外で展開するストライプインターナショナル。看板ブランド「アース ミュージック&エコロジー」のテレビCMには、女優の宮﨑あおいさんを起用。また、16年、ファッションレンタルサービス「メチャカリ」には欅坂46を起用した。テレビCMに投資する目的は、新しい文化や社会をつくるためだと語る石川康晴社長。そのプロモーション戦略とは。

 

記事全文はこちら

 

引用元:日経ビジネス

メチャカリCM、当初は乃木坂46を起用する案も。秋元康さんがプッシュして欅坂46に

メチャカリのテレビCMに起用したのは、アイドルグループの欅坂46。欅坂46は15年に結成、16年にデビューした新しいアイドルで、メチャカリも新しいプラットフォーム。フレッシュさのあるアイドルを起用することで、サービスの新しさを表現したいと考えました。

 

 実は当初、乃木坂46を起用する案もあったのですが、プロデューサーの秋元康さんに、「お互い無名だから、どっちが先に有名になるか、競い合おうよ」と言われたんです。

 

 「本来は有名な人を使うんだけどな……」と思いながらも、秋元さんと組めば新しいものが見えるかもしれないという期待感から、欅坂46を起用しました。デビュー以来、ファンには女性も多いことが分かっていました。

 

 「買う」から「借りる」へと従来のファッションの概念を覆すプラットフォームは、これまでにないクールなイメージが必要だと僕は思っています。欅坂46は笑わないアイドルと言われており、他のアイドルに比べてクール。「ファッションといえばクール」ということを伝える意味でも最適でした。

 

引用元:日経ビジネス

 

 

おまけ:秋元康さんがメチャカリCM曲に『サイマジョ』を推したことは有名

1: 名無しさん@まとめきんぐだむ 2017/04/19(水) 21:53:00.44 ID:214snUz1d
ライムスター宇多丸のマブ論CLASSICS巻末対談より

秋元「デビュー曲を何にしようかと思った時に、楽曲が何曲かあった中で『サイレントマジョリティー』になったわけだけれども、ただひとつ障害があった。曲ができる前から、「メチャカリ」ってアパレルのコマーシャルソングが決まっていたの。コマーシャルソングっていうのはメジャー曲でしょ。その社長からも「EDMぽくっておしゃれな、若い女の子たちのファッショナブルな感じがいい」って言われていて、僕も「はい、分かりました」と答えてたんだけど、でも、どうしても『サイレントマジョリティー』をシングルにしたくて。社長に「この曲でどうしても行きたい」って言って納得してくれたから、あの曲だったんですよ。もし社長がノーだったら、第一弾は違う曲で行ってたかもしれないね。」
 
宇多丸「そうだった場合、だいぶ違いますよね。やっぱり第一弾が『サイレントマジョリティー』って、最高ですよね。」
 
秋元「そりゃ、そうだよね。でも結局は縁っていうか、見えない力で動かされているんだよね。」
 
引用元:ライムスター宇多丸のマブ論CLASSICS 文庫版特別対談

 

5: 名無しさん@まとめきんぐだむ 2017/04/19(水) 22:01:01.03 ID:BbgXd4nCM
QUICK JAPAN Vol.129でも言ってたな

秋元「mechakariさんのコマーシャルタイアップはすでに決まっていたのですが、「明るい曲で」というオーダーだったので、この曲で通せた時の達成感。」

 

日向坂46の記事はこちら

hinatazaka46_hero width=