『堂本兄弟』『FNS歌謡祭』に息づく“ショーの精神” フジ音楽番組演出スタッフに聞く、生演奏とコラボにこだわる理由

音楽の魅力を広く伝えるメディアとして、大きな機能を果たすテレビの音楽番組。CD全盛期に比べて番組数が減少する中、それぞれ趣向を凝らした番組づくりが行われている。そんななかでも、注目すべき番組に焦点をあてていく連載「テレビが伝える音楽」。第9回では、先日放送され大きな注目を集めた『緊急生放送!! FNS音楽特別番組 春は必ず来る』にて総合演出を手がけた浜崎綾氏にインタビュー。同特番や『MUSIC FAIR』について聞いた前編に続き、今回の後編では音楽番組の制作者としての歩みを『堂本兄弟』、『FNS歌謡祭』の2番組のエピソードを中心に振り返ってもらった。(編集部)

 

(中略)

 

ーー平手友梨奈さんと平井堅さんについては?

 

浜崎:平手さんがコンテンポラリーダンスのようなもので何かを表現したいということで。そこで私が選んだのが平井さんの「ノンフィクション」でした。すでに平手さんの中には振付をする人のイメージもあり、CRE8BOYのruiさんという方にストーリー性のある素晴らしい振りをつけていただきました。今でも覚えているのが、リハーサル室で繰り返し平手さんがその振りを踊っていて、毎回全力なので途中の膝を地面につく動きで膝が真っ青なアザになっていたこと。その鬼気迫る様子は口を挟む余地もなく、氷を買いに行って手渡すことくらいしかできませんでした。

 

――「ノンフィクション」のコラボレーションは印象に残っている視聴者も多いのではないでしょうか。その翌年、平井さん自身も平手さんからインスピレーションを受けて「知らないんでしょ?」という楽曲を完成させてしまったほどです。

 

浜崎:そのお話は平井さんから聞きました。私たちが提供したものがアーティストにとって活動や創作の刺激になるなんて、こんなに嬉しいことはないです。アーティストの方々にも流してできない何かが『FNS歌謡祭』にはあるのだと思いたいですね。「相手は100でくるから150で返さなきゃ」「じゃあ200で返さなきゃ」という相互効果がものすごいものを生み出す。それを体感できたときが、もっとも嬉しく、やりがいを感じる瞬間ですね。

 

記事全文はこちら

 

引用元:リアルサウンド

 

 

Twitterの反応

音楽番組のこだわり素晴らしい。
そして平井堅&平手友梨奈コラボ 初耳エピソード…おお…そんな流れだったなんて…
そして変わらないその姿勢あぁ…

 

やなごっち 2020/3/28 10:52 フォロー
FNS歌謡祭での平井堅さんと平手さんの「ノンフィクション」コラボの裏話に涙😭
平手さんの業界人からの人気の高さが分かる気がします😭 

 

>リハーサル室で繰り返し平手さんがその振りを踊っていて、毎回全力なので途中の膝を地面につく動きで膝が真っ青なアザになっていたこと。その鬼気迫る様子は口を挟む余地もなく
 
角を曲がるの時も月川監督同じこと言ってたね。ストップかけない限りやり続けるって

 

あころん 2020/3/28 10:47 フォロー
リハで膝を打ちつける平手さん、、、
角を曲がるのMVもそうだけどマジで誰も止められないような気迫なんだろうな、、、

 

ノンフィクションの裏話。
角曲といい友梨奈ちゃんのお膝は現在大丈夫なんだろうか…めちゃくちゃ心配😭

 

young 👶🏻🇨🇳 2020/3/28 10:54 フォロー
定期に見たくなるノンフィクション

 

平井堅さん×平手友梨奈『ノンフィクション』コラボは「FNS歌謡祭」音楽監督を務める武部聡志さんが2017年MVPにセレクト

87987789-1024x567 78y9hg-1024x579