IDOL AND READ 023取材レポその2(齋藤冬優花/欅坂46)

7月31日(金)発売の『IDOL AND READ 023』の取材レポート第2弾です。

 

と、その前に…。

 

7月16日に行なわれた配信ライブ“KEYAKIZAKA46 Live Online,but with YOU!”で、8月21日に「欅坂46」としてのラストシングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」を配信でリリースし、10月に「欅坂46」としてのラストライブを行ない活動を休止し、グループ名を新しくして再出発することが発表されました。

 

そこで、取材レポートの前に、この場を借りて、一言述べさせてください。

 

欅坂46としての5年間、本当にありがとうございました!

そして、あと数ヶ月はもちろん、グループ名が変わっても、引き続きよろしくお願いします!

 

というわけで、本日は、欅坂46の齋藤冬優花さんの取材レポートをお届けします。

 

 

記事全文と写真はこちら

 

引用元:IDOL AND READ公式ブログ

IDOL AND READ 023

Ecy08_rVcAAO8Bh

   

読むアイドルマガジン『IDOL AND READ』の最新刊23号が、7月31日に発売。
 
表紙巻頭は、日向坂46の潮紗理菜。おしゃべりが大好きななっちょが、大好きな家族のこと、幼少期を過ごしたインドネシアのこと、願いごとを叶えてくれる四つ葉のクローバーのこと、大切なおひさまのことなどを熱く語り尽くした2万字生い立ちインタビューは必読です。
  
裏表紙は、欅坂46の齋藤冬優花。幼少期、学生時代のことから、ダンスのこと、阿波踊りのこと、オーディションでのエピソードまで語ってくれた1.5万字インタビューで、こちらも必読です。

 

引用元:Amazon

シンコーミュージック・エンタテイメント