平手友梨奈:映画「ザ・ファブル」新作ヒロインに抜てき 心を閉ざした少女に 原作者「僕の第1希望」

アイドルグループ「欅坂46」の元メンバー、平手友梨奈さんが、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の映画「ザ・ファブル」(江口カン監督、2019年)の新作「ザ・ファブル 第二章」にヒロインとして出演することが8月19日、明らかとなった。平手さんは過去のある事件をきっかけに心を閉ざした、車椅子に乗る少女・佐羽ヒナコを演じる。映画はシリーズ化され、「第二章」は2021年に公開される。

 

 「ザ・ファブル」は、南勝久さんの人気同名マンガが原作。伝説の殺し屋として裏社会で恐れられる通称ファブルが、ボスからの「誰も殺すな。普通に暮らせ」という命令を守りながら、殺しを封印して佐藤アキラという偽名で生活を始める……というストーリー。2019年公開の第1作は、激しいアクションシーンなどが話題となり、累計130万人以上を動員するヒット作となった。

 

 平手さんは「オファーをいただいた時は、大ヒットした作品のシリーズ化ということと、そして今作のヒロインということで不安とプレッシャーがすごくありました。また、佐羽ヒナコという役に対しても、なぜ私なんだろうとビックリしたのを覚えています」とコメント。「前作を見たり、原作を読んだり、台本を読んでいくなかでヒナコというキャラクターを丁寧に届けたいと思ったこと、そして私自身もヒナコを応援したい気持ちになったのでやらせていただきました」と経緯を語った。

 

 佐羽ヒナコという役について「今でも私で大丈夫だったかなという不安はまだありますが、出演されている皆さん、監督、スタッフの皆さんも、良い作品にしようという思いを強く感じたので、私なりのヒナコを精いっぱい表現したつもりです。前作とはまた違った魅力があると思うので、皆さんに届く作品になることを願っています」と話した。

 

累計発行部数750万部を誇る同名コミックを映画化し、19年6月に公開され人気を博した「ザ・ファブル」。裏社会で伝説の殺し屋として暗躍し、“ファブル”(寓話)の名前で恐れられる主人公(岡田)が、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑むさまを、コミカルかつシリアスに描いた。ファンの続編を望む声を受けシリーズ化が決定し、「ザ・ファブル 第二章」(仮題)として新作の製作が実現。江口カン監督が再びメガホンをとった。

 

記事全文はこちら

 

引用元:まんたんWeb

kykzk045343 kykzk045391 kykzk045413 kykzk045438 kykzk045439 kykzk045451 kykzk045467

 

 

93: 名無しさん@まとめきんぐだむ 2020/08/19(水) 03:00:42.81 ID:LAi196PUM
きたーーーかっこいいい!!

 

92: 名無しさん@まとめきんぐだむ 2020/08/19(水) 02:59:52.93 ID:vUgGP0rk0
なかなかハードな役どころだけど
いよいよ女優って感じだねえ

 

101: 名無しさん@まとめきんぐだむ 2020/08/19(水) 03:06:54.07 ID:LAi196PUM
共演者の面々がまたすごいなー!

 

108: 名無しさん@まとめきんぐだむ 2020/08/19(水) 03:33:57.40 ID:ag9WQ0KEr
てっちゃんすげー!
女優街道爆走中やな!!

 

113: 名無しさん@まとめきんぐだむ 2020/08/19(水) 04:42:08.88 ID:pImdtrdfd
1作目の映画の予告みたけど普通に面白そう

 

126: 名無しさん@まとめきんぐだむ 2020/08/19(水) 06:32:21.80 ID:tg98+HxM0
日テレ系番宣も期待できそう!
原作者に推されるの強いや

 

 

引用元:https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/keyakizaka46/1597643964/