<欅坂46>小池美波、菅井友香、守屋茜が思う互いの“変化”…そして平手友梨奈への思い「憧れの存在でもありました」

欅坂46にとって初めてのドキュメンタリー映画「僕たちの嘘と真実Documentary of 欅坂46」が、9月4日より全国公開中。

 

本作では、2015年の8月に結成されて以来、強烈なメッセージ性が込められた歌詞の世界観を独創的なクリエーティビティーと圧倒的なパフォーマンスで表現してきた欅坂46に完全密着。

 

今まで映像化されなかった数々のライブシーンを再編集し、メンバーやスタッフたちの証言を積み重ねていく。

 

映画「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」や、乃木坂46の「おいでシャンプー」「いつかできるから今日できる」のミュージックビデオなどを手掛けた高橋栄樹が監督を担当。

 

当初公開が予定されていた4月以降の活動も追加撮影し、無観客配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!」の模様を交えながら欅坂46の“今”を描いている。

 

WEBサイト ザテレビジョンでは、欅坂46の1期生である小池美波、菅井友香、守屋茜の3人にインタビューを実施。

 

作品を通して感じたことや、2020年1月にグループを脱退した平手友梨奈への思いなどを語ってもらった。

 

記事全文と写真はこちら

 

引用元:ザテレビジョン公式サイト

 

 

Twitterの反応

ミクリ🌳💚 2020/9/10 08:22 フォロー
みいゆっかねん!!😍😍😍

 

とし欅◢͟│⁴⁶@『潜在意識』系『青春の瓶詰め』 2020/9/10 08:21 フォロー
まだインタビューあるのか読みきれないよ(嬉) 

 

最近この3人のインタビューは、尊くて崇めて読んでる。

 

☀️にゃび◢⁴⁶☀️ 2020/9/10 12:37 フォロー
教室でお昼ご飯食べながら読んでたら泣いちゃって、みんなから変な目で見られました。

 

きんばす kinbus 2020/9/10 14:58 フォロー
記事は嬉しいがそろそろ別メンバーのインタビューも聞きたい

 

究極の音楽映画『僕たちの嘘と真実』 大ヒット公開中