欅坂46・二期生、改名発表後の気持ちの変化 次第に大きくなる「寂しさ」と「期待」

10月に東京・国立代々木競技場第一体育館で行われるラストライブで活動を休止し、改名により再出発を図るアイドルグループ・欅坂46。その5年間の活動の軌跡を描いたドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』が公開中だ。グループの岐路を前に心境を吐露したのは、2018年11月に加入した二期生の武元唯衣、田村保乃、松田里奈の3人。改名発表を経た欅坂46に対する今の思いを明かした。

 

記事全文と写真はこちら

 

引用元:クランクイン!

 

 

Twitterの反応

セシル🌳🐴♥️ 2020/9/16 18:50 フォロー
二期生、頼もしいです。
ありがとう。

 

2期生のインタビューももっと読みたいなあ

 

しょーちゃん@不自由な自由人 2020/9/16 20:34 フォロー
感動したし、こんなことを言わせるなよ‼️と謎の怒りが…泣

 

左からバレー部、生徒会会長、生徒会副会長の並び。優秀な2期生。
他の2期生で部活の部長が2人。

 

もものま 2020/9/16 23:07 フォロー
二期生には、ほんと幸せな活動ができる場所を与えてあげてほしい。
1番難しい時期に加入してもなお、明るく、欅が大好きという声をあげて、真摯に一期生に近づくよう努力してくれて。
この子たちがドームに立てたことは本当によかったなって思う。
だから、期待しかないよ。

 

究極の音楽映画『僕たちの嘘と真実』 大ヒット公開中/公式