渡邉理佐、欅坂46の5年間は「“波瀾万丈”しか出てこない」

 2015年8月21日の結成、翌16年4月6日に「サイレントマジョリティー」での鮮烈なるデビューを経て、4年連続『NHK紅白歌合戦』出場、19年9月には初の東京ドーム公演を成功させた欅坂46。その華々しい経歴とは裏腹に、舞台裏では紆余曲折の連続だった。今年1月には“絶対的センター”平手友梨奈が脱退。10月12・13日に東京・国立代々木競技場第一体育館で行われるラストライブをもって改名・再出発することも決まった。1期生の渡邉理佐に激動の5年間を聞く。

 

記事全文と写真はこちら

 

引用元:オリコンニュース

 

 

Twitterの反応

読み応えが凄い

 

カオル🦔🦐 2020/9/18 17:02 フォロー
インタビュー、渡邉理佐ちゃん誰かを支える役割が向いてるってそのとおりだし映画パンフの46問46答にも欅での立ち位置は?の問いも同じ答えだね。
あれだけの見た目で前に出ないかつみんなを支える奥ゆかしさと謙虚さが、理佐の魅力の1つ。
それでも今後は更にの役割をしなきゃいけないのも理解してる

 

欅坂のみならず他のグループも波乱万丈な部分があって平坦な道を歩いてる子達なんていないと思うんだよね。
それでも活動を前向きに頑張ってくれてるから本当に応援したくなる✨
改名後も楽しみしかないんだよね😊💚
理佐のいうように明るく楽しく1人1人がスポットを浴びるグループになるといいな💚 

 

Matchi◢│⁴⁶ KYZ46 Forever🌳 2020/9/18 13:37 フォロー
ライブやテレビに映る姿とその裏での努力や葛藤はメンバーやスタッフしか分からない。
先輩達はこれからも後輩15人をサポートしつつ引っ張って行ってほしい😊 

 

くーぱー🦦 2020/9/18 11:33 フォロー
理佐はインタビュー写真でもモデルさんだなって感じ😊