5人のインタビュー冒頭もWebで配信中

【BUBKA11月号】欅坂46 ラスト・ワルツ 小林由依×菅井友香 「終幕と序幕への道」

改名という選択で「欅坂46」が5年の歴史に幕を下ろす。ただし、これは後退ではなく前進。進むべき道が一本となり、小林由依と菅井友香の心は整理されていた。

 

欅坂46が生まれ変わる前に、二人に胸の内を訊いておきたいと思う。

 

 

伝える責任
 
――まずは7月16日に行われた配信ライブ『KEYAKIZAKA46 Live Online,but with YOU!』のことから聞かせてください。当日までにどうアプローチしていきましたか?

 

菅井 大事な発表があるライブということもあったんですけど、ライブができること自体ものすごく久しぶりだったので、まずは欅坂46の世界をしっかり伝えたいという思いで進めていました。

 

――いつもとは違うアプローチはありましたか?

 

小林 やっぱりお客さんがいらっしゃらなかったので、会場全体を使って、ミュージックビデオのような配信ライブになるように感じていました。

 

記事全文と写真はこちら

 

引用元:BUBKA公式サイト

【BUBKA11月号】欅坂46 ラスト・ワルツ 土生瑞穂 「不協和音で芽生えた『私』」

楽曲の世界観と自己を同一化させ、メンバーのために戦うからこそ、もっと強い自分に変われる。彼女の前向きな変化は、このグループを照らす希望であり続けたと思う。これからも夢の方へ仲間と歩いていくために、ラストライブで有終の美を飾ろうと土生瑞穂は覚悟を決めた。

 

 

決意を背負って
  
 
――無観客配信ライブ『KEYAKIZAKA46 Live Online’ but with YOU!』が7月に行われましたが、まずその感触をお伺いできればと思います。

 

土生 コロナ禍の中で、毎年行われていた「欅共和国」が中止になってしまったり、握手会やシングルのリリースも無く、ファンの方をずっと待たせてしまっていたと思います。その中で、画面上であっても欅坂46のパフォーマンスをお届けできたらいいなって。配信ライブは初めての体験だったんですが、欅坂46らしいパフォーマンスをお届けできたんじゃないかなって思います。プラス、舞台裏に近い部分も視聴者の方にお見せできたのは、配信ならではなのかなって。

 

記事全文と写真はこちら

 

引用元:BUBKA公式サイト

【BUBKA11月号】欅坂46 ラスト・ワルツ 藤吉夏鈴×山﨑天 「行き先は分からないほうがいい」

大いなる運命の奔流に飛び込み、そして強く乗り越えてきた二期生。

 

だから、藤吉夏鈴と山﨑天はこれまでもこれからもきっと、不確かな未来に希望を見つけ出していくだろう。

 

行き着く先がどこであれ、挑まなければならないことを二人はもう知っているから。

 

歌の向かう先
――二期生がお披露目されてから1年9か月ほど経ちましたが、ご自身が参加した楽曲で印象に残っているものを教えてください。

 

藤吉 東京ドームの『ガラスを割れ!』です。本当は「欅共和国2019」の『太陽は見上げる人を選ばない』って言いたいけど、好きすぎていろんなところで言っちゃっているので(笑)。

 

――ドームの『ガラス〜』はどういうところがお気に入りなんですか?

 

藤吉 ドームの1曲目だったので、見える景色にビックリしました。自分のパフォーマンスがどうこうということではなくて。

 

山﨑 私は、9月の配信ライブの『誰鐘(誰がその鐘を鳴らすのか?)』です。今着ている衣装を着ていたからというのが大きいんですけど(笑)、初披露だったので皆さんの印象にも残っているんじゃないかなと思って。

 

記事全文はこちら

 

引用元:BUBKA公式サイト

元欅坂46メンバーの記事はこちら

kingdom_tcnr

日向坂46の記事はこちら

hinatazaka46_hero width=