vol.01 私が馬術と出会った意外な理由とは?

小学生の頃に馬と出会い、馬場馬術に親しんできた欅坂46の菅井友香さん。最近では障害馬術にも挑戦するようになり、今回、日本馬術連盟の馬術スペシャルアンバサダーに就任しました。「A to Zinba」では、そんな菅井さんの馬術歴や、菅井さんが思う馬術の魅力について4 回にわたり、ご本人にたっぷり語っていただきます。第1回は、菅井さんと馬術の意外な出会いについて、ご紹介しましょう。

 

馬と一緒に走る楽しさに目覚めた小学生時代

 

私が初めて馬に触れたのは、子どもの頃。動物園などでポニーに乗せてもらうのが大好きで、よく連れて行ってもらいました。そんな私が馬に乗り始めたのは、小学校5年生の時。同級生のお友達に「一緒にやってみない?」と誘われたのがきっかけで、乗馬クラブに所属し、週1回のレッスンを受けるようになったのです。

 

初めて大きな馬に乗った時のことはよく覚えています。乗ってまず、「わ、高いな」と(笑)。でも、普段とはまったく違う高さから見える景色や、馬の呼吸や温かい体温が自分の体に伝わってくる感じがとても不思議に思え、ワクワクしました。そのうち馬と一緒に走ることで得られる一体感や、馬とともに風を切って走るという感覚が、本当に楽しくてたまらなくなりました。もちろん、当時の私は、まだ馬にきちんと指示を出すことなどはできなくて、ちゃんと走ってくれる馬にまたがっていただけだったんですけれど、あの時に初めて、「心から楽しいと思えることに出会えたなぁ」と思いました。

 

記事全文と写真一覧はこちら

 

引用元:A to Zinba

 

Twitterの反応

やーや☆彡 2017/7/3 22:40:21フォロー
ゆっかーの連載だー

 

第一回が更新されてる🐴
いろんなエピソード載ってて面白い♪

 

馬のこと 2017/7/3 14:32:17フォロー
グッズ紹介も良い😊

 

菅井さんインタビュー更新!
馬への恐怖心を克服するために敢えて馬場馬術に挑戦させるお母様の姿勢いいなあ。
お父様のロンドンみやげってのも…ロンドン…

 

記事リンクはこちら

インタビュー1|馬術スペシャルアンバサダー 欅坂46 菅井友香さん|A to Zinba|馬術のAからZがまるわかり